バイナリーオプションをやろう!

外為オプションは、GMOクリック証券FXが提供しているバイナリーオプションのサービス名です。バイナリーオプションは為替レートの値動きを予測する金融商品です。為替レートを使った投資商品は他にFXがあります。



バイナリーオプションとFXの違いはどこ?

バイナリーオプションは、FX取引と似ているので、FX経験のある方には取引ルールや利益のあげかたなど、理解しやすいでしょう。



バイナリーオプションにはFXのようなレバレッジがありません。

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、少ない金額で多額の投資ができる事を言います。



レバレッジがある場合は利益でも損失も大きくなるため、レバレッジをかけた分の損失が発生します。バイナリーオプションではレバレッジが無いため、損失は購入金額分となります



基本的には「決済」が自動

バイナリーオプションには注文する事があっても自分で決済する必要はないんです。ですから約定のタイミングを見計らう事はありません。外貨が安くなれば「買い(LONG)」、外貨が高くなれば「売り(SHORT)」の注文をしてその差額が利益になるといったのがFXですね。



だけどもバイナリーオプションはそれが関係なくなります。もともとの外貨の値段は関係ありません。たとえ1$が\79でも\80でもそこから「円高」になるのか「円安」になるのかを予測するのです。



1取引時間が決まっている

やはりバイナリーオプションには裁量決済が無く自動決済で終了してしまう為、時間はかからないのです。1取引最短2分で済むこともあります。



バイナリーオプションでは終了の時間があらかじめ決まっています。決済のタイミングを見計らう事はないので、1日中取引画面を見て1日が終る事もないのです。



受付終了から2分で結果がわかる会社もありますので、時間を有効に扱うことができます。



為替の値動きを気にしない

世界には時差があります。日本時間の夕方から深夜にかけて、欧米(米ドル)は相場が活発に動きます。逆に朝からお昼に掛けては値動きはとても鈍いんです。



FXですと値動きが鈍いとあまり利益に繋がらないため、困ってしまいますよね。ですがバイナリーオプションではそんな値動きが鈍い時間帯でも全く関係はありません。



ほんの少しだけでも定められたラインよりも「円高」なのか「円安」なのかを判断すればいいんです。



損失額が限定的且つ決まっている

FXでは、相場によっては大きい金額が損失になる場合もなりますが、バイナリーオプションではその取引を開始したときにすでに最大損失額も想定することができます。
投資額=最大損失額となるのでリスク計算が容易にすることができます。



ロスカットがない

最悪の結果にならないための強制決済です。予測以上の損失が出た場合、それ以上の損失がでないするためにあります。バイナリーオプションでは予測以上の損失などは出ないため、このロスカットはありません。




バイナリーオプションの口座について

バイナリーオプションは、FX会社や証券会社で取引できます。GMOクリック証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商が国内では人気のFX会社です。



FXをやったことがなく、初めてバイナリーオプションで取引する方は、外為オプションが取引ツールがわかりやすいので推奨しています。

FXをやったことがあり、新たにBO口座を作りたいなら柔軟な取引ができるヒロセ通商が向いています。(FXの取引に関するヒロセ通商の評価・評判はこちら

また、FXのシストレにも興味があるならトレイダーズ証券(みんなのバイナリー)になります。



バイナリーオプションは、単体でも利益を上げることが可能ですが、FXのリスクヘッジとして活用できる投資商品です。FXの損失を減らすために、FXで円高になると予測したら、バイナリーオプションでは反対の円安を買います。



とくに値動きが小さい相場では、為替で利益を出すのは難しいですが、バイナリーオプションでは大きく利益を狙うこともできます。




外為オプションをやってみよう!ルールと取引の流れ


外為オプションはルールを一新し、これまでよりも更に快適に取引ができるようになりました。新しい外為オプションについて、解説をしていきます。



ラダーオプション

ラダーオプションは以前、外為オプションで提供されていたHIGH・LOWタイプのバイナリーオプションと非常に似ているルールの取引になります。



HIGH・LOWとの違いは、選択肢の数です。外為オプションのラダーオプションは、7本の提示されたレートがあり、その中から一本選び判定時間にあがっているか下がっているかを予測します。



簡単にいうと、HIGH・LOWの選択肢が多いルールという認識でいいでしょう。


オプションタイプ:ラダーオプション
予測:円高(99.80未満)になる。
通貨ペア:米ドル/円
権利行使価格:99.80
購入金額/枚:842円
外為オプション


判定時間を待たずに利益確定・損切りができる!

取引時間内は自由に新規購入、転売、再購入をすることができます。



取引時間内に99.80未満にレートがある場合、評価損益がプラスになります。そして、取引時間内に99.80以上にレートがある場合、評価損益はマイナスになります。



判定時間を待たずに利益確定しちゃう



809円で購入したチケットを918円で売却し、利益を確定させます。1枚あたり(918-809=)109円の利益です。



10枚購入しているので、1,090円の利益となります。



判定時間まで待てば、1枚あたり191円の利益となりましたが、もしかしたら途中で99.80以上になってしまうかも知れない。売却可能時間が終わったあとに99.80円以上になるかも知れない可能性を考えると、判定時間前に売却できるルールのおかげでコツコツ利益を積み上げることができます。



判定時間を待たずに損切りする



一方、レートが予測と反対に動いている場合、評価損益のところがマイナスで表示されます。このまま取引を続けた場合、もしかしたら1枚809円で10枚購入したので(809*10=)8090円の損失になるかもしれません。



でも、今639円で売却することができれば、損失額はチケット代全額ではなく、(639-809=)-170円。10枚なので1700円の損だけで取引を終了させることができます。



(※ 外為オプションの最大損失はチケット代金のみなので、購入した金額以上のマイナスが作られることがないので結構安心して取引できる。)



外為オプション



→ 外為オプションの口座開設手順を公開



外為オプションの取引概要「取引ルール」

ペイアウト1LOT 1,000円固定
取引手数料0円
取引可能日時月~金曜日午前8:00~翌午前5:00
判定時間2分間
取引回数/日10回
最短判定時間2分
購入・決済・転売時間2時間58分
1オプション限度額500LOT
取引限度額/日5000LOT
呼値(取引単位)1円
取引時間/回号3時間
取引時間/日午前8:00~翌午前5:00
取引上限回数/回号-
目標レート数7
ハイアンドロー×
ノータッチ×
レンジイン×
レンジアウト×
取引レートBloomberg社
MAC対応
iPhone対応
Android対応
米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円×
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル×

外為オプション

GMOクリック証券の企業情報

会社名GMOクリック証券株式会社
公式サイトURLhttps://www.click-sec.com/
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷野村ビル
設立日平成17年10月28日
資本金43億4,666万3,925円
登録番号関東財務局長(金商)第77号
自己資本規制比率497%(2016年9月末)
信託保全先三井住友銀行,みずほ信託銀行
クイック入金
ジャパンネット銀行
楽天銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
りそな銀行
住信SBIネット銀行



2013年オリコン顧客満足度、堂々の1位。今1番人気の高い業者です。 >>>