外為オプションなら勝率UPできる! いざ、夜勤勤務の女が挑戦!

新・外為オプションを評価

「外為オプション」とは、GMOクリック証券が提供しているいつでも、どこからでも少額から取引を始める事ができるバイナリーオプションという金融商品(投資商品)の事です。早速取引してみたので、レビューします。

新・外為オプション

3タイプのバイナリーオプションの提供を開始した外為オプション。それでは新しくなった「新・外為オプション」のルールをオプションタイプ別に解説します!

ラダーオプション

ラダーオプションは、以前提供されていたHIGH・LOWタイプのバイナリーオプションと非常に似ているルールの取引になります。HIGH・LOWとの違いは、選択肢の数です。ラダーオプションは、一定期間後に為替レートが「○○円以上になる」「○○円未満になる」を予測します。7つのチケットから選んで投資する商品になります。


オプションタイプ:ラダーオプション
予測:円高(99.80未満)になる。
通貨ペア:米ドル/円
権利行使価格:99.80
購入金額/枚:842円

>>> ラダーオプションを始める方。外為オプションの口座開設はこちらです。 <<<

判定時間を待たずに利益確定・損切りができる!

取引時間内は自由に新規購入、転売、再購入をすることができます。取引時間内に99.80未満にレートがある場合、評価損益がプラスになります。そして、取引時間内に99.80以上にレートがある場合、評価損益はマイナスになります。

判定時間を待たずに利益確定しちゃう


809円で購入したチケットを918円で売却し、利益を確定させます。1枚あたり(918-809=)109円の利益です。10枚購入しているので、1,090円の利益となります。

判定時間まで待てば、1枚あたり191円の利益となりましたが、もしかしたら途中で99.80以上になってしまうかも知れない。売却可能時間が終わったあとに99.80円以上になるかも知れない可能性を考えると、判定時間前に売却できるルールのおかげでコツコツ利益を積み上げることができます。


判定時間を待たずに損切りする


一方、レートが予測と反対に動いている場合、評価損益のところがマイナスで表示されます。このまま取引を続けた場合、もしかしたら1枚809円で10枚購入したので(809*10=)8090円の損失になるかもしれません。でも、今639円で売却することができれば、損失額はチケット代全額ではなく、(639-809=)-170円。10枚なので1700円の損だけで取引を終了させることができます。

(※ 外為オプションの最大損失はチケット代金のみなので、購入した金額以上のマイナスが作られることがないので結構安心して取引できる。)


外為オプション

レンジインオプション


レンジインオプションは、一定期間後の判定時間に権利行使価格帯にレートが納まっていれば利益となります。

上の画像の場合、オレンジの縦線の時に99.700以上99.800未満にレートがあれば、1000円のペイアウトを受け取ることができます。99.700以上99.800未満の権利行使価格帯のチケットを今買うと、1枚539円です。オレンジの線の時に99.700以上99.800未満にレートがあれば、1枚あたり(1000円-539円=)461円の利益になります。


>>> レンジインオプションも結構使える!外為オプションの口座開設はこちらです。 <<<


レンジアウトオプション

レンジアウトオプションは、一定期間後の判定時間に権利行使価格帯にレートが納まっていないか予測するバイナリーオプションです。オレンジの縦線の時に、レートが99.900以上にあるか、99.800未満にあれば利益となります。レンジアウトオプションは、レンジインオプションの間逆の取引となります。

レンジインオプション、レンジアウトオプション共に、ラダーオプションと同じように判定時間前の受付時間内は利益確定、損切りを自由に行うことができます

>>> レンジアウトオプションを始めよう!外為オプションの口座開設はこちらです。 <<<


相場の状況に合わせてオプションタイプを使い分けろ!

3タイプの取引ができるので、様々な相場に適応させた取引が可能です。

どっちに動くかわかりやすい「トレンド相場」に最適なオプションが「ラダーオプション」です。一定時間後に上がるか、下がるかを予測すればいいので、トレンド相場の時はラダーオプションで取引すると利益確定しやすくなります。

レンジインオプションと相性が良い相場は、レンジ相場(ボックス相場)です。レンジ相場とは、○○円未満○○円以上(レンジ)の中に納まるかを予測する取引なので、一定の範囲内で動くレンジ相場で取引する時はレンジインオプションを選ぶと◎です。

最後に、レンジアウトオプションは、急な相場変動時と相性が良いです。一定の価格帯に納まらないくらい動きのある相場や時間帯に取引するときはレンジアウトオプションを選んで取引するのがベストです。



外為オプションの取引概要「取引ルール」

ペイアウト1LOT 1,000円固定
取引手数料0円
取引可能日時月~金曜日午前8:00~翌午前5:00
判定時間2分間
取引回数/日10回
最短判定時間2分
購入・決済・転売時間2時間58分
1オプション限度額500LOT
取引限度額/日5000LOT
呼値(取引単位)1円
取引時間/回号3時間
取引時間/日午前8:00~翌午前5:00
取引上限回数/回号-
目標レート数7
ハイアンドロー×
ノータッチ×
レンジイン
レンジアウト
取引レートBloomberg社
MAC対応
iPhone対応
Android対応
米ドル/円
ユーロ/円
ポンド/円
豪ドル/円×
ユーロ/米ドル
ポンド/米ドル×

外為オプション

GMOクリック証券の企業情報

会社名GMOクリック証券株式会社
所在地東京都渋谷区道玄坂1-10-8 渋谷野村ビル
設立日平成17年10月28日
資本金43億4,666万3,925円
登録番号関東財務局長(金商)第77号
自己資本規制比率345.0%(平成25年9月末)
信託保全先三井住友銀行,みずほ信託銀行
クイック入金
ジャパンネット銀行
楽天銀行
みずほ銀行
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
りそな銀行
住信SBIネット銀行